りむせ立ち上げの経緯

説明会や、Twitter、ホームページの想いのところに
まとまらない思いをちょっとだけ書き出させてください。
(ちょっとじゃすまないかもしれません笑)


そもそもりむせってどうして作ろうと思ったの?

そもそもりむせ立ち上げのきっかけは、今年の6月参加した
あるチームがきっかけです。

体験をしてみて参加した仲間たちと話して
思うことがたくさんありました。

・昔やっていたけどやめちゃった
・踊りたいけど、仕事がね
・いつ転勤になるかわかんないし
・お金が高いから続けられなくて(それは仕方ない)
・踊るのは楽しいけど、元のチームは厳しすぎて
・踊りたいけど、ひざと腰壊しちゃって

初体験の人ももちろん、多かったけど
よさこいを引退した人たちが、あのチームをきっかけに
もう一度よさこいを踊りたいと思い、参加をしていました。

私と夫もそうでした。
札幌に引っ越してきたからには、やっぱりソーランに出たい。
(よさこいで出会って結婚してるので、なおさら)

でも、カッコいいチームは練習も多く
さらには、激しい振りが多いため
練習の翌日には動けないほどの筋肉痛。

練習は5月6月に入ると週7で、
平日は夜遅くまで、土日は朝から夜まで。

仕事と、よさこいと、そして育児との両立なんて
到底見えない。そんな状況でした。

1年目はあきらめて2年目の今年
例のキャンペーンに出会い、参加をすることができ
地元の仲間と、不安や不満←を少し抱きながら
それでも、踊るのって楽しいね。頑張ろうね。って
ソーランでのお披露目という一つの目標に向かって
頑張ることって、なんて楽しいんだろうって思いました。

ないのであれば作るしかないでしょ。

そして、既存のチームで
カッコ良くて、踊り続けられるチームがないのであれば
作ればよい!!と、、、。

同じように、踊りたくても踊れない。
祭りの時期が来るたびに「いいなぁ。でもなぁ。」って
思ってる仲間。たくさんいるはずだ。とそしてそれは
北海道だけじゃなく、もともと住んでた関東、そして友人のいる
東海でも間違いなくあるはず。そう思いました。

仕事や、家事育児、趣味のどれか一つではなく
全てを大事にできる。すべてを楽しむことができる。
そんな、生き方が合ってもよいのではないか。と。

そう思ったことが、チーム設立の経緯です。
なので、
「もう一度踊れる場所を、そしてそれをずっと。」

というのは私たちりむせの大事な想いです。

Follow Me!